省エネルギーで便利!レーザ加工システム

省エネルギーで便利!レーザ加工システム

従来では大量生産加工するための鋳型の作成工程が必要でした。
レーザ加工システムでは鋳型は不要で、作業の省略が可能です。
切削りに刃物を使用しないことにより、連続稼働による刃物の摩耗をなくすという効率化が望めます。
非接触で加工可能なところもポイントで、摩耗するたびに刃物を交換する作業も省略できます。
それにより、安定した大量生産がおこなえます。
設計段階で効率的な加工が難しいと考えられたデザインも、レーザ加工システムにより、細部まで加工を施すことが可能になりました。
特にマーキングで小さな文字や図形を彫刻し、簡単に消えないようにできる加工は便利です。
素材の表面を改質にも役立ちます。
画像処理ソフトで素材のデザインをおこなえば、レーザーのみで加工できるのは省エネルギーであるともいえます。
レーザ加工システムは、加工材料への圧力による変形防止にもつながり、、加工不良を出す可能性が低いこともメリットだといえます。