光の性質とレーザ加工システム機の開発

光の性質とレーザ加工システム機の開発

光には反射、吸収、透過といった性質があります。
レーザ加工システムでは、光の性質を最大限に活用しています。
透過や反射をし過ぎた場合、加工したい素材がうまく光を吸収できなくなってしまいます。
太陽光を虫眼鏡に集光するように、素材に熱を与えるほどの光を吸収させる必要があります。
レーザ加工システムでは、使われる光の波長を操る必要があるのです。
加工する際に炭酸ガスを用いることで、レーザー光で溶けた部分が吹き飛ぶ仕組みになっています。
加工を使い分けるためには、ガスの種類や吹きかける圧力も操る必要があります。
ガスは主に二酸化炭素と、窒素、水素、ヘリウムといった混合ガスが使用されます。
混合ガスを使用したレーザ加工システムは、小・中型加工機に採用されることが多く、多品種少量生産にも向いています。
低ランニングコストで、幅広い材料に対応できます。
ノーメンテナンスで、いろいろなソフトにも対応できる種類が開発されています。