レーザ加工システムでできること

レーザ加工システムでできること

モノづくりでは、切断や彫刻、マーキングなど素材に対していろいろな加工をおこなう必要があります。
加工技術の一つにレーザ加工システムがあるのをご存知ですか?刃物や切削りの機械では不可能とされていた細かい作業を、レーザー光線で可能にします。
レーザー光線とは単一波長の人工の光のことです。
加工できる素材は多岐にわたり、特に樹脂や木材に関しては幅広い加工が可能だといえます。
レーザ加工システムの技術のなかでも、彫刻やマーキングを施す場合、使用可能な素材はさらに広がります。
金属や石、ガラスも加工も可能です。
画像処理ソフトを使用し、レーザー光で素材に出力していきます。
ミラーによってレーザー光を往復しながら反射する構造になっており、、設計されているしきい値に達するとレーザー光を出射します。
レーザ加工システムを用いて作った製品
簡単にたとえると、天気がよい日の太陽熱を虫眼鏡を通して集光することです。
レーザ加工システムでは、レーザーの出力を調整して加工技術を使い分けます。