行きつけの渋谷区の歯医者で聞いた歯磨きのコツ

行きつけの渋谷区の歯医者で聞いた歯磨きのコツ

少し前のことだが、会社の昼休みに歯を磨いていたら同僚から「歯を磨きすぎるのは良くない」というような話をされた。
同僚によると、歯ブラシで歯を磨くと歯の表面を傷つける事になるので、実はなるべく磨かない方がいい、という話だった。
それがちょっと気になっていたので、先日いつも使っている渋谷区の歯医者でそのことについて訊ねてみた。
この歯科医は時々歯の検査をしてもらっている所で、行きつけと言えば行きつけの歯科医院だ。
ちょうどその歯医者から定期検診の案内が来ていたので渋谷区まで足を運んだわけだが、確かに歯を磨きすぎると歯に良くないのは間違いないそうだ。
といっても、歯ブラシを強くもってゴシゴシやったり、しつこくやると良くないというだけで、普通に磨く程度はそう気にしなくてもいいという話だった。
ただ、本来歯磨きというのは食べかすや歯垢を取る程度にやるものであって、そう強くやる必要もなければ敢えて「磨く」ような事はしなくていいとも聞いた。

渋谷区の歯医者による歯磨き粉についての話

自分が行った渋谷区の歯医者によれば、確かに「歯磨き」とは言うが、歯を磨くときは「磨く」というイメージではなく、もっと軽くサッサッとやる方が正解だという。
そして、驚いたのは歯磨き粉の役割についてだ。
長い間自分は歯磨き粉は一種の研磨剤で、汚れを落とすための物だと考えていた。
ちょうど車の汚れを落とすコンパウンドと同じで、それこそ「磨き粉」だと思っていた。
ところが、最近の歯磨き粉はフッ素が配合されていて、汚れを落とすためというよりも歯の表面をケアするための役割が大きいそうだ。
確かに昔の歯磨き粉は文字通り磨き粉で、汚れを落とすことが主な目的だった。
ところが、歯の研究が進むにつれて考え方も変わってきたらしく、歯磨き粉に含ませたフッ素で歯の表面をトリートメントする役割が中心になってきたらしい。
だから、歯の汚れを落とすときは何も使わずブラシだけで行い、その後で改めて歯ブラシに歯磨き粉をつけ、優しく歯をブラッシングするのがいいという事だ。
自分としてはそれが意外で、わざわざ渋谷区の歯医者まで足を運んだ甲斐があったと思えたほどだ。

予防歯科としての啓発も行う渋谷区の歯医者

自分が歯磨きについて聞いた中で出たのが、予防歯科という言葉だ。
おそらく読んで意味合いは分かるとは思うが、これは歯が悪くなってからではなく、悪くなる前に対処しておく事を意味するもので、ごく簡単に言えば「歯周病にならないように普段から気をつけよう」だ。
事実、自分が通っている渋谷区の歯医者でも定期検診を案内しているが、これは日頃から歯の状態をチェックしておくためのものだ。
確かに、歯というのは体の中でも普段あまり気にされていない部位かもしれない。
成人病やガンなどは大きな病気になる上に、テレビなどでもしょっちゅう取り上げられているので関心も行きがちだ。
日頃特に問題がなくても健康診断で状態を気にしている人も多い。
今から渋谷区の歯医者で治療の予約をします
しかし、実際は歯も同じくらい大事なもので、抜けてしまえばまた生えてくるようなものではない。
だからこそ自分が行っている渋谷区の歯医者のように敢えて予防歯科などと言って日常のチェックや歯のケアについて知ってもらう活動をしているのだろう。