牛タンをおいしく食べるための焼き方

牛タンをおいしく食べるための焼き方

牛タンをお土産に購入したり取り寄せて家で焼いてみたものの、お店の味には程遠い。
こんな経験はないでしょうか。
牛タンは他の部位のお肉と比較しても特に焼き加減が難しいと感じる方が多いと思われます。
そこで、今回は自宅で牛タンを焼く際のポイントをいくつか紹介したいと思います。
まず一つ目は「焼きすぎないこと」です。
タンは筋肉質な部位のため、焼きすぎると固くなって噛みづらくなってしまいます。
表面がきつね色になり、中心にうっすらとピンク色が残るくらいがちょうどいい焼き加減です。
二つ目は「強火で焼く」ことです。
火が弱いと、せっかくのおいしい肉汁が全て逃げてしまいます。
強火で表面を焼くことで、旨味の詰まった肉汁をしっかりと中に閉じ込めることができます。
三つ目は「完全に解凍してから調理する」ことです。
お土産用のお肉は鮮度を保つために真空パックで冷凍された状態です。
これを完全に解凍してから調理しないと焼きムラができてしまいおいしく焼き上げることができません。
調理する時はできれば前日から冷蔵庫で解凍して使用します。
もしすぐに調理したい場合は、流水で解凍します。
おいしい牛タンをおいしくいただくために手間暇を惜しまず正しい調理方法で調理しましょう。