地下に埋めるタイプの蓄電池設備があります

地下に埋めるタイプの蓄電池設備があります

とても大きな物もある為置く場所に困る家もあるようです。
ですが、最近になって地下に埋めるタイプの蓄電池設備が販売されました。
地下にあれば場所を取る事がないですし、ホースを専用の所に繋ぐだけで家に電気を送ったり貯める事も可能になります。
近年になってある住宅街では街全体の地下にこの蓄電池設備を埋めて地域が協力をして、災害時に一番良いのが近隣住民との連携プレーで地域の被害を食い止めると言う事が大事です。
自衛隊や警察に頼って待っていても時間だけはどんどん過ぎてしまうだけです。
そんな中である住宅街には地域の電気を補えるように自主的に購入をして埋めたみたいです。
前の記事でも紹介したように、電気の自由化に伴い導入されました。
地盤もしっかりとしている場所なので、小学校からも電気を回してくれるように依頼があるみたいです。
避難訓練の時でも子供達の為に積極的にボランティアで住民が参加をして災害の恐ろしさを教えると共に、この地下にある蓄電池設備の説明をしています。