創業融資を公庫から借りてみよう

創業融資を公庫から借りてみよう

会社を経営する時は、どのくらいの資金があれば足りるのか計算してください。
適当な金額を公庫にお願いして創業融資をしてもらった場合でも、足りなくなればまた申し込みをしなければいけなくなります。
何度も同じ作業を繰り返すのは面倒なので、最初から一括で必要な金額を受け取れるようにしてください。
自分で算出することは少し難しいですが、起業に関するアドバイスがたくさん記載されているサイトを見れば、仕事の内容や目的によってどのくらいの資金が最低でもあれば足りるのか自動で計算してくれる機能が備わっていることがあります。
あくまでも参考なので、自分で計算することを怠って算出された金額を信じるのは危険ですが、目安を知るためにそのような機能はどんどん使った方が良いと思います。
それから公庫に創業融資を依頼すれば、手間を1回で済ませることができます。
起業する時はたくさんやらなくてはいけないことがあるので、手間を極力省いてください。

公庫に創業融資をしてもらう時の時間

資金調達をするために、公庫に創業融資を依頼する人が多いと思います。
資金調達は早い段階で終わらせていた方が良いので、申し込んでから3週間程度かかることを理解してどのタイミングで申し込めば良いのか判断してください。
3週間の間に審査を通過できるかチェックされます。
お金を貸してくれるところは公庫以外に、たくさんの金融機関がありますが、どこでも返済できる見込みがあるのかチェックされるはずです。
銀行でも創業融資を依頼すれば一応審査をしてくれますが、これまでに会社の経営を何年も成功させている人でないと信頼できる人間だということをアピールできないので、断られるケースが多いです。
公庫から創業融資を受けるには
また審査が厳しく終わるまで1か月以上の時間が必要になるケースも見られます。
申し込むタイミングが遅くなると、支払いをしなくてはいけない時に資金が足りないので、トラブルが起こります。
公庫は早く創業融資の審査を終えてくれる面がメリットです。