人に勧めたい日帰りスキーツアーという体験

人に勧めたい日帰りスキーツアーという体験

こうして書いてみるとバスの中のことばかりですが、日帰りスキーツアーの目的はもちろんスキーがメインです。
車で運転して行くと運転疲れでスキーをするまでに疲れてしまったりするとも聞きます。
実際、バスの中では体力温存のために眠っている人もたくさんいました。
その中で私たちは大声を出さないようにひそひそと盛り上がり、誰かが大笑いした時には「声が大きいよ」と注意しあっていました。
それもまた、子供時代に先生に怒られないように、うるさくなりすぎないように気を付ける感覚に似ていました。
これからスキーに行く友達がいたら、私はバスツアーをおすすめすると思います。
理由を聞かれたら「行ってみてのお楽しみ、ただしお菓子を買っていくこと」とだけ伝えるでしょう。
日帰りスキーツアーに参加する前日、私は1人でノスタルジックな気分に浸っていました。
懐かしいというよりは少し寂しく、もうどこにもないものを求めるような気持ちがありました。
でもバスの中で、別々の子供時代を過ごした友達と同じノスタルジーを分け合ったことで、思い出を過去として認められたような気がしたのです。
その寂しさを持っているのが自分だけではなかったからです。
子供時代のあの1日も、この日帰りスキーツアーの1日も、同じ1日なのだと思うとなんだか不思議に満たされた気分でした。