インターナショナルスクールで必須の英語をどんどん学ぼう

インターナショナルスクールで必須の英語をどんどん学ぼう

インターナショナルスクールに通う子供たちがここで学ぶのは、何か特別な物事ではなく、親から離れて生きてゆく自立心、グループ活動での人との協調性、コミュニケーションやリーダーシップです。
日本の子供たちが小学校や中学校で学ぶ事と、内容的にはほとんど変わりありません。
インターナショナルスクールへの入学条件は、他の生徒や教師との英語力が第一条件でしょう。
もしもインターナショナルスクールが将来的に日本の正式な学校として認可されても、やはり英語という「言葉の壁」が、克服しなければならない最大の問題となる事は間違いありません。
しかし近年、日本でもすべての公立小学校で英語が正式授業として導入されました。
また子供たちの親も、自身が就いている仕事での英語の重要性を痛感させられている人が多いようです。
今は各地に子供向け、大人向けの英会話スクールが多くあります。
日本人が英語を学べば学ぶほど、インターナショナルスクールとの「言葉の壁」は低くなってゆく事でしょう。