おいしいコーヒーはコーヒーマシンと、メンテナンスから

おいしいコーヒーはコーヒーマシンと、メンテナンスから

会社帰りや休日に、ふらっと立ち寄った先で手軽に個性のあるコーヒーがいつでも飲めるようになりました。
私はコーヒーが好きで暇さえあればカフェ巡りをします。
最近はおしゃれなコーヒー屋さんが増えました。
ショップによっては大きなコーヒーマシンが設置されていて、いい香りがしてきます。
コーヒーを飲みながら思いました。
「どこのマシンで、誰がメンテナンスをしているのだろう?」って。
家庭で使うものと違って、マシンの規模も大きさも本式、どう考えても業務用です。
コーヒーのことに詳しくても、マシンは別物です。
観察してみると、コーヒーマシンのほとんどが海外製です。
コーヒーの淹れ方でマシンの選び方が変わるとして、自分の好みのマシンを選ぶとしたら頼るべき会社は?メンテナンスはどこにお願いしたらよいのか?コーヒーはとても繊細で、淹れ方によって味が変化します。
コーヒーの楽しみ方は幅が広く、それ故に奥が深いのです。
おいしい一杯のコーヒーのために、目立たない場所でマシンを支えるエンジニアの存在をご存知ですか?探ってみたいと思います。

コーヒーマシンのお手入れと、専門メンテナンスの大切さ

ゆったりとした時間の中で、コーヒーの専門家バリスタが淹れる一杯は格別です。
そのコーヒーを楽しむため、淹れる道具一つ一つをメンテナンスすることが大事であるように、コーヒーマシンにも同じことが言えます。
コーヒーを淹れると聞いて、一番に浮かぶのはドリップ式です。
一杯分のコーヒー豆をその場で挽き熱湯に圧力をかけてコーヒー豆に通して抽出したものがエスプレッソ。
近年、このタイプのマシンを多く見かけます。
マシンは使うからこそ能力を発揮するものですが、日ごろのお手入れプラス、定期的な専門の調整が必要になります。
家庭用のものとは違い複雑なマシンであるということと、消耗品があって交換するには中身を知らないと大変なことになってしまいます。
ボイラー内のカルキ抜きやフィルターの交換などこれは素人ができる範囲ではありません。
コーヒーマシンは、量と安定した味が提供できる便利なものでついつい、使ってばかりになってしまいます。
ずっと使っていくなら、メンテナンスもワンセットで考えたほうが良さそうです。

定期的なメンテナンスで贅沢を淹れるコーヒーマシンに

ほぼ毎日のように使っても安定が売りのコーヒーマシンですが、何かトラブルになったときにエンジニアを呼べばいいと思っていませんか?当たり前に使っているものだから、設置している側は案外気付きにくいもので、その変化に気付くのはコーヒーを飲んでいる人かマシンの点検をするエンジニアだと思うのです。
コーヒーの味は豆の状態、マシンの具合でも変わりやすいものです。
定期的なメンテナンスを心がけることで味が安定した、おいしいコーヒーにつながります。
故障してからではかなりの費用がかかってしまいます。
人もマシンも手間をかけるとそれだけ長持ちしますよね。
会社にあるコーヒーマシンのメンテナンスをお願いしたい
いつも一番よい状態で使いたいから、365日24時間連絡して駆けつけてくれる会社の存在は心強いし助かります。
コーヒー好きにとって、淹れるときの香りや飲んでいる時間はちょっとした贅沢なのです。
手入れが行き届いているコーヒーマシンを見ると、大事しているんだなと思いますし、いつでもおいしいコーヒーには専門のメンテナンスが欠かせないことも事実です。